女性と仕事研究所とは

わたしたちが目指すもの

about

特定非営利活動法人 女性と仕事研究所(WWRC)は「女性の自立(律)と能力開発を理念に」2000年に設立されました。NPO設立前からの活動を含めると1985年から現在まで、M字カーブの解消(女性の再就職支援)と女性管理職者数を増やすた、男性メンターとともに女性の能力を拓く活動を行っています。目指すゴールは、男女ともにあらゆる分野で活躍している社会です。

理事

女性と仕事研究所理事(2016年9月1日現在)

moroda_prof

諸田 智美(もろだ さとみ)

女性と仕事研究所代表理事
女性と仕事コンサルタント
神戸ワーク・ネットワーク(就業促進連絡会議)委員
川西市労働問題審議会委員

佐賀大学農学部卒業後、1987年日立コンピュータコンサルタント(株)(現:(株)日立ソリューションズ)入社。SEとして金融情報系システムプロジェクトに従事。退職後、キャリアチェンジにより、パソコンスクールの責任者としてCADのeラーニング開発や、のべ1,000人以上のキャリアアップ、キャリアチェンジ支援等に従事した。2006年1月 eラーニング大手の㈱ネットラーニング入社後、2009年11月 仕事と育児介護の両立ソリューションを提供する㈱wiwiw(ネットラーニンググループ)へ転籍。2014年4月まで、カスタマーセンター長として大規模セミナー企画・運営、広報等を担当。2014年2月に「男女ともにキャリアと育児の両立を実現するためのシンポジウム」を企画・運営。2014年5月から現職。

樽井みどり

樽井 みどり(たるい みどり)

株式会社京進
取締役人事・情報本部長

1988年入社、1999年業務改革室長として株式上場を担当。2001年経営品質協議会認定セルフアセッサーを取得、社内外セミナー担当。
2003年京都府参与(行財政改革担当)
2005年取締役。
現在、㈱五葉出版代表取締役社長を兼任。
ほか、京都府「明日の京都」第三者委員会委員。

広瀬雄樹

広瀬 雄樹(ひろせ ゆうき)

積水ハウス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 CSR室長

(財)日本生産性本部認定 キャリア・コンサルタント
大阪市市民活動推進基金運営会議委員
大阪市北区区政会議委員
1984年 慶應義塾大学経済学部卒業
1984年 積水ハウス株式会社入社。横須賀営業所にて個人住宅の営業に従事
1991年 人事部 能力開発グループに異動。社員の教育研修を担当
2006年 人事部 採用グループリーダーとして新卒・社会人採用、雇用管理などをマネジメント2009年 コーポレートコミュニケーション部に異動
2010年 CSR室長。環境、社会貢献、コンプライアンスなど幅広いテーマに取り組み、現在に至る。宮城県気仙沼地域と大阪の双方向的な被災者救援・ 復興支援事業(新しい公共採択事業)アドバイザリーボード、ハッピーキャリア企業表彰審査員、NPOの経営管理能力向上に向けた企業従業員や経営専門家のプロボノの理事・アドバイザーのNPOへの招聘事業(新しい公共採択事業)運営委員を歴任

今井 愛子(いまい あいこ)

前 大阪市市民局女性活躍促進担当部長

1977年 大阪大学人間科学部卒業、大阪市に奉職。
1977年 大阪市旭区福祉事務所において、障害者福祉、高齢者福祉、保育行政等を担当。
1984年 大阪市小児保健センターに異動。医事(CW等)や経理を担当。
1993年 大阪市女性協会に出向、クレオ大阪(現大阪市男女共同参画センター)において、初代相談コーディネーターとして女性総合相談業務に従事。
1999年 市民局市民部広聴相談課、市民局生活文化部青少年対策課を経て、市民局人権部(現ダイバーシティ推進室)に異動。人権にかかわる企画、啓発、相談を担当。大阪市人権行政推進計画(人権ナビゲーション)の策定、人権啓発・相談センター立上げ等に従事。
2013年 大阪市市民局人権室のダイバーシティ推進室への改編に伴い、女性活躍促進担当部長として、男女共同参画、女性活躍促進に取り組む。
2015年 大阪市を退職。

監事 :  種田(おいだ)ゆみこ 株式会社ブレイン取締役、公認会計士、税理士

創立者: 金谷 千慧子

沿革

沿革はこちら

アクセス

アクセスはこちら

top