育休後アドバイザー養成

育休後アドバイザーとは

育休後アドバイザーは、職場や地域で仕事と育児の両立に悩んでいる人に的確なアドバイスができる人です。

育休後アドバイザーは、当人の心の重荷を取り除くだけでなく、その背景にある社会の問題、企業の問題、管理職の問題、夫婦のパートナーシップの問題を理解した上で、具体的な行動のヒントを提示します。急激に増加している育休復帰者とそのパートナーを支えるために、必要とされている人です。

具体的には、以下のような方を対象にしています。

  • 組織における人事やダイバーシティ推進部門の方
  • 育児中の部下を持つ管理職の方
  • キャリアコンサルタントの方
  • 地域の男女共同参画センターや就労・子育て支援担当の方
  • 社会保険労務士の方
  • その他、仕事と育児の両立に悩む人を支援したい方
育休後アドバイザー

育休後シニアアドバイザーとは

育休後シニアアドバイザーは、育休後アドバイザーの養成ができる人です。「育休後アドバイザー養成講座」をマニュアルに従って、お好きな場所でお好きな時に開催することができます。

育休後シニアアドバイザー

育休後コンサルタント®とは

育休後コンサルタント®は、育休後社員のキャリア形成の課題を管理職視点で解決支援できる人です。

基本的には、本人と上司または職場との相互理解の不足やコミュニケーションギャップを解決しなければならないと考えています。そのため、本人には「仕事と育児の両立への心構え」について必要な知識と、覚悟を持って臨むことをお伝えします。

一方、上司である管理職には、育児中の部下の育成に関するポイントをお伝えします。

女性活躍推進、働き方改革推進の一貫としてこれらに取り組むほか、本人とパートナーとの関係にも注目し、さまざまな方法で解決を支援します。

  • 「育休後コンサルタント」は登録商標です。(登録商標第5814304号)
育休後コンサルタント®

育休後アドバイザー養成講座

育休後アドバイザー 試験なし/更新なし
育休後アドバイザー養成講座受講で取得。
職場や地域で仕事と育児の両立に悩んでいる人にアドバイスできるようになります。
育休後シニアアドバイザー 試験なし/更新あり※1
育休後コンサルタント養成講座受講で取得。
育休後アドバイザー養成講座を開講できます。
育休後コンサルタント 試験あり/更新あり※2
育休後アドバイザー養成講座開催、論文提出、面接合格で取得。
育休後社員のキャリア形成の課題を管理職視点で解決支援できます。

育休後コンサルタント®認定資格の種類とできること

  育休後
アドバイザー
育休後シニア
アドバイザー
育休後
コンサルタント
職場や地域で育児と仕事の両立で悩んでいる人にアドバイスできる
自作のコンテンツで「育休後職場復帰講座」を開催できる
オンラインサロンを利用できる(2018年度開講予定)
有料
事務局から提供するコンテンツを使用した「育休後職場復帰講座」を開催できる
有料

有料
育休後アドバイザー交流会(年に1回開催予定)に参加できる
有料

有料

有料
事務局から提供するコンテンツを使用した「育休後アドバイザー養成講座」を開催できる ×
有料

有料
育休後コンサルタント®を使用した講師、コンサルタント活動ができる × ×
  育休後
アドバイザー
育休後シニア
アドバイザー
育休後
コンサルタント
※1 育休後シニアアドバイザー更新条件
更新料1万円/年間(税別)
※2 育休後コンサルタント更新条件
  • 更新料2万円/年間(税別、育休後シニアアドバイザー更新料含む)
  • 育休後アドバイザー養成講座、育休後職場復帰講座等を1回以上開催

(2018年2月2日改定)

  • 育休後アドバイザー開催スケジュールはこちら
  • 育休後シニアアドバイザー開催スケジュールはこちら

育休後シニアアドバイザー、育休後コンサルタントについて

育休後コンサルタント養成講座
受講資格

  1. 育休後アドバイザー資格取得者
  2. 事前に与えられた資料に基づいてプレゼンテーション資料の作成、練習ができる方
  3. skypeを利用できる方
  4. 事前に次の中から3冊読了できる方
    • 山口理栄、新田香織共著「改訂版 さあ、育休後からはじめよう〜働くママへの応援歌〜」 労働調査会
    • 山口理栄、新田香織共著「子育て社員を活かすコミュニケーション【イクボスへのヒント集】」 労働調査会
    • 中野円佳著「『育休世代』のジレンマ」 光文社新書
    • 石塚由紀夫著「資生堂インパクト 育てを聖域にしない経営」 日本経済新聞出版社
    • 大沢真知子著「女性はなぜ活躍できないのか」 東洋経済新報社

受講後、以下の条件を満たすと
育休後コンサルタント®に認定されます

  1. 育休後アドバイザー養成講座、育休後職場復帰講座等を1回以上開催
  2. テーマ「職場における育休後の課題と解決策」について論文(1,200文字程度)をメールで指定日までに提出できる方
  3. skypeによる面接(面接官 山口理栄)に合格

(2018年2月2日改定)

育休後コンサルタント 認定証

受講後
1か月後までに「育休後コンサルタント®山口理栄認定 育休後シニアアドバイザー」カードと「育休後アドバイザー養成講座開催マニュアル(認定は事務局。認定料1万円/人・税別 必要)」を郵送。翌年度から資格更新料が必要(1万円/年間 税別)。
なお、①育休後アドバイザー養成講座、育休後職場復帰講座等を1回以上開催、②テーマ「職場における育休後の課題と解決策」について論文(1,200文字程度)をメールで指定日までに提出後、skype面接試験に進みます。
skype面接試験合格後
1か月後までに合否通知(メール)、合格者には「育休後コンサルタント®山口理栄認定 育休後コンサルタント」カードを郵送。合格者は、翌年度から更新が必要。
(更新条件)
  • 更新料2万円/年間(税別、育休後シニアアドバイザー更新料含む)
  • 育休後アドバイザー養成講座、育休後職場復帰講座等を1回以上開催

(2018年2月2日改定)

  • 育休後アドバイザー開催スケジュールはこちら
  • 育休後シニアアドバイザー開催スケジュールはこちら

山口理栄

育休後コンサルタント®山口理栄コラムを順次公開中

お電話でのお問い合わせ
06-6341-3516
fax 06-6341-3517
メールでのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ