Happy Episode No.3~2014年1月27日~


女性と仕事研究所創立者の金谷千慧子氏(元中央大学研究開発研究機構教授)の著書が数冊ありますが、1985年以降「ワーク・ライフ・バランス」「ダイバーシティ」「女性リーダーシップ」等、時代に先駆けて情報発信、政策提言をしてきました。年末年始はアマゾンで金谷氏の中古本を6冊購入し、読破。

女性と仕事ジャーナル22号で「女性と仕事研究所」の約30年間の活動内容も読みました。

しかし、私の出した結論は、これまでの「女性と仕事」にこだわるビジョンは引継ぐけれどイノベーションが必要ということ。

そして、2014年1月25日に久永さんへNPOを引き継ぐと伝え、食事をしながら、女性だけにこだわるのはよくない、法人名を変えるべきとかディスカッション。お互いもやもや感があったかもしれませんが、わくわくしがなら食事をしました。都内高級ホテルのぱさぱさのサラダに文句をいいながら(笑)。

そして、2014年1月27日、私は「女性と仕事のイノベーションを起こす」ため勤務先へ退職を申し出ました。(Happy Episode No.4へつづく)

Happy Episode No.2~2013年12月24日~


2013年11月に女性と仕事研究所解散予定を聞いて、
直感で「私やります!」と手を挙げてから、
2015年3月までのエピソードを連載します。

手を挙げてみたものの、NPO経営や退職や引越し等
検討すべき課題は山積み。最終の返事は待ってもらうことになりました。

まず、検討したのは運営のパートナーかつ私のメンター。
これまた直感で、新卒で入社した企業の先輩でもある久永さんの顔が浮かびました。
とはいえ、自社のサービスを通して知り合い、数回お食事した程度でお互いを深く理解はしていませんでした。

2013年12月18日に理事就任をお願いしたところ、
忘れもしない2013年12月24日に久永さんからFacebookにメッセージが!

「おはようございます。Happy X’mas♪ 諸田さんのお誘い、ありがたくお受けいたします。私にできることを精一杯サポートさせて下さい。 新しい時間を共にできることを楽しみに待っています。決まりましたらまたご連絡くださいね。」

Happy X’mas!心温まる2013年12月24日でした。

しかし、私がNPO引継ぎを決心するにはあと1ヶ月かかってしまうのです。(Happy Episode No.3へつづく)

Happy Episode No.1~おばあかふぇ~


20150301

2015年3月より、ブログをスタートします。
ハッピーな日常の出来事について発信していきます。

1月末に、湯村温泉(兵庫)へ出かけました。
温泉は硫黄臭くなく肌に優しいし、昭和の町並みが懐かしく、ほっとしました。

街を散策していると、インパクトのある看板が目に入りました。
「おばあかふぇ」
木のガラス戸から中を覗くと・・・
「おばあかふぇ入いろうか!やめようか!迷ったら入れ!」(笑)

はい。入ります。中に入ると、おばあの格言があちこちに貼られていました。
お土産用のおばあの格言が書かれた色紙もあります。

できたての「根性焼き」を「とちのみコーヒー」と美味しくいただきました。
おばあ曰く「定年退職(菓子工場)後の働く場所を社長が作ってくれた。ありがたい。」

いきいきと活躍するおばあに元気をもらいました!

☆テレビ大阪にて、3月7日(土)午後2時からおばあかふぇが紹介されます。
http://www.yuzukitei.com/category/information/